Bランク

アズミラ・キャットフードの原材料を徹底評価

投稿日:

アズミラ・キャットフード

プレミアムキャットフードに分類される「アズミラ」

原材料を見ると、きちんと考えて与えるべき材料が入っています。

ここでは、アズミラのキャットフードの口コミや評判に加えて、原料の徹底評価をします。

アズミラの評価

アズミラの評価

アズミラの評価はBランクです。

  • ミール肉だが品質は良さそう
  • 穀物の品質も抜群だが、猫にはいらない
  • ビタミン・ミネラルは全て天然添加物
  • 着色料や化学添加物、有害物質は不使用
  • 口コミでは嗜好性が少なかったり下痢をしたという評価も

アズミラは肉の品質は良いのですが、穀物類が多いです。

また無添加とのことですが、必要なビタミン・ミネラル類は全て添加されている成分です。

食材から自然に摂取できるのが一番なので、少しマイナスポイントです。

口コミでは下痢をするという評価もありましたので、穀物類が消化器に負担をかけるのかな?という不安もあります。

製造会社と原産国

アメリカ産です。

アズミラはアメリカにある「ホリスティックアニマルケア社」が製造販売している製品です。

アメリカで製造されており、アズミラは米国食品医薬局と米農務省の優良製品製造指針に基いて製造されています。

アメリカでの毒物混入事件

アメリカは2007年に、ペットフードに中国産の原材料を使用し「メラミン」という有害物質が混入し数千匹ものペットが腎不全で死亡したという事件がありました。

さまざまな企業のフードがリコールされることになったのですが、ペットフードの安全性を強く考える事件になったのです。

アメリカは大量生産を基本としている事が多く、原材料も価格が安い国から輸入している事が多いです。ですので原材料の原産地も気になりますよね。

またもしメラミン混入事件のような事件が起きた時に、アメリカが本社のアズミラはすぐに対応できるのか?という不安があります。

肉・穀物のこだわり

肉と穀物の品質は良いです。

アズミラは、米農務省(USDA)のグレードA認定の肉と1級認定の穀物を使用しています。

これは、日本でいう”A5ランク和牛!”などと格付けされているような肉の品質の評価です。

グレードAは”標準的に人間が食すグレードの肉”で格付けの中では上から三番目の品質の肉です。

人間が食すグレードの肉を使用しているということで、品質は良いものを使用しているといえるでしょう。

価格は高め

1kg「2150円」です。

肉や穀物の品質が良いので、その分価格が高くなっています。

しかし、原価が安い穀物類がかなり多くはいっています。

そのことを考えると、激安とは言わないけどもう少し安くしてくれても…と感じます。

アズミラの原材料を評価

アズミラ「クラシックキャットフォーミュラ」の原材料をみてみましょう!

チキンミール / 全粒ひきわり玄米 / 全粒ひきわり大豆 / ひきわり小麦 / 全粒ひきわりコーン / 鶏脂肪(ミックストコフェロールにて保存) / トマト(果汁除去) / フラックスシード / ナチュラルフレーバー(チキン由来) / ニシンミール / 乾燥乳清 / チコリー(根) / 塩化カリウム / 塩化コリン / アルファトコフェロール(ビタミンE) / ナイアシン(ビタミンB3) / パントテン酸カルシウム / ビタミンAサプルメント / アスコルビン酸(ビタミンC) / 塩酸ピリドキシン(ビタミンB6) / メナジオン亜硫酸水素ナトリウム(ビタミンKの供給源) / 硝酸チアミン(ビタミンB1) / リボフラビンサプルメント / ビタミンB12サプルメント / ビタミンD3サプルメント / 葉酸 / ビオチン / 硫酸亜鉛 / 亜鉛(アミノ酸キレート) / 鉄(アミノ酸キレート) / マンガン(アミノ酸キレート) / 銅(アミノ酸キレート) / 硫酸鉄 / 硫酸銅 / 酸化マンガン / 亜セレン酸ナトリウム / ヨウ素酸カルシウム / レシチン / タウリン / 炭酸カルシウム / パセリフレーク / ケルプミール / DLメチオニン / ユッカシディゲラ抽出物 / イノシトール

引用元:【アズミラ正規品】クラシックフォーミュラ・キャットフード : A&ME

チキンはミール肉を使用

チキンはどの部位を使用しているとは書いておらず、ミンチにされたミール肉を使用しているようです。

人が食せるヒューマングレードの肉を使用しているようですが、肉の部位まで記載してくれていると信頼できます。

穀物が多い

「全粒ひきわり玄米 / 全粒ひきわり大豆 / ひきわり小麦 / 全粒ひきわりコーン」と穀物類がかなり多いです。

穀物も高品質のものを使用していますが、猫は完全肉食動物なのでいくら高品質の穀物でも消化し辛い身体の作りです。

こんなにも穀物類が入っていると、肉の割合が少なくなってしまいます。

ナチュラルフレーバー

ナチュラルフレーバーが入っています。

チキン由来とのことですが、後付けで嗜好性を高めるために味付けを行っているということです。

天然成分かもしれませんが、チキンをたくさん使用していれば味付けを行わなくても嗜好性は高いはずです。

穀物類が多いので、そのままではチキンの味が感じられないのでしょう。

塩も不使用?そのかわりに塩化カリウムを使用

「化学保存料、フレーバー、色素、副産物、腐敗したもの、古いもの、有害なもの、イースト、砂糖、塩、粗悪な材料」を一切使用していません。

ミネラルを摂取する為に塩の代わりに入っているのが塩化カリウムです。

塩化カリウムは食塩(塩化ナトリウム)の代わりに、ナトリウム摂取を減らしながら塩味をつける、という効果があります。

しかし腎臓が悪い猫や血圧が高い猫は、病態を悪化させる可能性があるのでカリウムの摂取量に注意しなくてはなりません。

塩を使用しなくても食材からきちんと適正なミネラル類を摂取することは可能です。

塩化カリウムは必要ないのではないか?と感じてしまう原材料ですね。

水溶性ビタミンもしっかり添加されているが…

アズミラをみてみると、ビタミンC、B群の水溶性ビタミンもしっかり添加されています。

水溶性ビタミンは毎日尿中へ排泄されてしまうので食事から毎日摂取しなくてはなりません。

また逆に、身体にどんどん蓄積されていく「脂溶性ビタミンビタミンA、D、E、K」は過剰摂取に気をつける必要があります。

毎日摂取する必要があるビタミンもきちんと添加されているのは良い点なのですが…

できれば自然に食品から摂取したほうが良いので、少しマイナスポイントです。

アズミラの口コミや評価

食いつきが良くない子

臭いも悪くなかったけど、うちのねこは、食いつきが良くなかった。
普段はロイヤルカナンのフードを食べていますが、毛玉などに効果があるとの事で購入しましたが、うちの2匹の猫は、全く食べません。残念です。

食いつきがあまりよくない子もいるようです。

穀物類が多いのでわざわざナチュラルフレーバーを添加していますが、嗜好性は様々なようです。

消化に負担がかかっている可能性

他のレビューにあった通り便がゆるくなりました。でも猫達はおいしそうに食べてました。
1匹が少しぽっちゃりなのですがアズミラを食べて100グラムほど体重が減りました。
全年齢対応で肥満猫にも効果があるらしいとどこかの口コミでみかけたのですが本当のような気がします。ただ形が十字で壊れやすく、しかも割れた小さいカスは食べないのでもったいない気がして☆ひとつマイナスです。
あと他のフードとまぜないと軟便が厳しいかもしれないですね。

便が柔らかくなったり、下痢をしたというレビューはいくつか見かけました。

穀物類が多いので、消化器に負担がかかっているのかもしれません。

お腹が弱い子は注意が必要です。

うんちの匂いがない

気に入っています。うんちも臭くないのがとくにいい。

肉が多ければ便は臭うようになります(人間もお肉ばっかり食べていると体臭が増します)。

穀物の含有が多いので便の臭いは軽減されるようですね。

参照元:Amazonカスタマーレビュー アズミラクラシックキャットフォーミュラ

まとめ

  • アメリカが本社なので、問題が起きた時にすぐ対処できるか不安ポイントです
  • 肉の品質は良い!穀物の品質も抜群だが、猫に穀物はいらないです…
  • ビタミン・ミネラルは全て天然添加物
  • 着色料や化学添加物、有害物質、副産物は不使用!
  • 口コミでは嗜好性が少なかったり下痢をしたという評価も

アズミラはプレミアムフードとして化学添加物など添加物不使用!と謳っています。

しかし、穀物類の含有がかなり多いのでグレインフリーではないですし、ビタミン・ミネラルは食材からの摂取ではなく添加されているものです。

もう少し自然に食品から栄養を摂取したいですし、消化器が弱い猫は下痢をすることもあるようで不安な要素がいくつも残ります。

肉の品質が良いだけあって、残念な点がいくつか際立ってしまう気がします。

おすすめキャットフードのランキング

人気の記事

おすすめのキャットフード

オススメのキャットフードランキング

当サイトで実際に試してみたキャットフードのおすすめランキングです。

フード選びに困ったらぜひ参考にしてみてくださいね。

キャットフードの一覧

キャットフードの全一覧ランキング

日本国内で購入が出来るキャットフードを一覧にしてS・A・B・Cにワンク分けしました。

※随時更新中

【獣医の卵が教える】キャットフードの選び方

キャットフードの選び方

獣医の卵が正しいキャットフードの選び方を解説します。

  1. タンパク質(アミノ酸)
  2. 脂肪(脂肪酸)
  3. 炭水化物
  4. ビタミン
  5. ミネラル

あなたが選んでいるフードに入っていますか?必須の栄養素!

-Bランク

Copyright© キャットフードのABC , 2018 All Rights Reserved.