Cランク

ドクターズケアはストルバイトの猫に効く?評判と共に評価

投稿日:2017年12月22日 更新日:

ドクターズケアはストルバイトの猫に効く?評判と共に評価

ドクターズケア(Dr's Care)は慢性腎不全・尿石症の猫を対象にしたドライフードです。

4キロで5,000円前後と普通のキャットフードよりも高額ですが、本当に安心・安全なキャットフードなのでしょうか。

・信頼出来る療法食なのか?
・ドクターズケアの評判は?

ここではノバルティスアニマルヘルス株式会社が販売している「ストルバイトケア」と「キドニーケア」の二種類のドライフードについて詳しく解説していきます。

ドクターズケアって本当に安全?

ドクターズケアって本当に安全?

当サイトのドクターズケアの評価はCランクのキャットフードです。

原料を詳しく見てみると、トウモロコシ・動物性油脂、米、チキンミールがドクターズケアの主な原料です。

これらの食材は、本当に猫の健康にとって本当に良いと言い切れるものではありません。

ストルバイトケア スターターの原材料

管理人
ストルバイト結石症と診断された子がはじめに試してみるのが、このストルバイトケア・スターターです。

コーングルテンミール、トウモロコシ、ポークミール、動物性油脂、全卵粉末、フィッシュエキス、フィッシュオイルパウダー、フィッシュミール、フラクトオリゴ糖、おから、小麦粉、セルロース、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンE、ビタミンK3、ビタミンB1、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、ビオチン、ビタミンB12、塩化コリン、イノシトール)、ミネラル類(リン酸、塩化カルシウム、塩化ナトリウム、塩化カリウム、鉄アミノ酸複合体、硫酸鉄、亜鉛アミノ酸複合体、炭酸亜鉛、マンガンアミノ酸複合体、炭酸マンガン、銅アミノ酸複合体、硫酸銅、ヨウ素酸カルシウム、硫酸コバルト)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)

気になる原材料がいくつかあります!一つづつ解説していきましょう。

コーングルテンミール・トウモロコシ

原材料の一番目、二番目にトウモロコシ系の原材料が使用されています。

トウモロコシはビタミンEやカロチン、必須脂肪酸などが含まれている栄養のある食材ですが、完全肉食性である猫にとっては少し消化が苦手な食材です。

原材料の表記は、一番総重量が重い物から記載されます。

トウモロコシ系材料は水分が殆ど無い状態でフードに入れられる事が多いのですが、一番目と二番目に記載されているという事はかなりの量を占めていると考えられます。

また、トウモロコシが原因のアレルギーがあったり皮膚病や消化器系に負担をかけている場合もあります。

トウモロコシ・小麦・大麦などの穀物は、消化器官の異常や、皮膚のトラブルなど、猫のアレルギーを引き起こしやすいと考えられています。それにも関わらず、従来のキャットフードのほとんどに穀物が使用されているのです。

引用元:グレインフリーキャットフードカナガンとは|カナガンキャットフード【公式】

ですので、トウモロコシ系の材料は入っていないほうが安心できます!

ポークミール

肉類として、ポークミールが使用されています。

ミール肉は肉の原産地や加工場所、加工方法がわからないので不安な原材料です。ミール肉として肉の副産物などが入っている場合、起こりうる疾患もあります。

近年、肉副産物として牛や豚の甲状腺組織が入っていたフードを食べていた動物が、甲状腺機能亢進症という疾患になってしまった!というアメリカでの事件がありました。

日本ではあまり報道されていないので怖い話ですよね。

肉の原産地や入っている肉の部位がきちんとわかる原材料が安心できます!

キドニーケア(チキンテイスト・フィッシュテイスト)

キドニーケア(チキンテイスト・フィッシュテイスト)

管理人
キドニーケアは慢性腎不全の猫に対する食事管理が目的になっているドライフードです。

トウモロコシ、動物性油脂、米、チキンミール、全卵粉末、コーングルテンミール、チキンレバーパウダー、カゼイン、フィッシュオイルパウダー、レシチンミックス(大豆レシチン、カゼイン、ビール酵母)、セルロース、フィッシュミール、フラクトオリゴ糖、おから、小麦粉、γ-リノレン酸、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンE、ビタミンK3、ビタミンB1、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、ビオチン、ビタミンB12、塩化コリン、イノシトール)、ミネラル類(炭酸カルシウム、塩化カリウム、鉄アミノ酸複合体、硫酸鉄、亜鉛アミノ酸複合体、炭酸亜鉛、マンガンアミノ酸複合体、炭酸マンガン、銅アミノ酸複合体、硫酸銅、ヨウ素酸カルシウム、硫酸コバルト)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール

チキンテイストとフィッシュテイストの2種類の味があり、猫によって食い付きがいい方を選べるというのが売りのキャットフードです。

※慢性腎不全は1度かかってしまうと治る事が無い病気です。最悪の場合には死に至ってしまいます。

チキンテイストとフィッシュテイストと二種類ありますが、どちらも「テイスト」であって、最も多く含まれている原料はトウモロコシです。

原料の中に多く含まれているもの(重量が重いもの)から順に書かれていますので、原料の上位7つは以下の原材料です。

①トウモロコシ
②動物性油脂(どうぶつせいゆし)
③米
④チキンミール
⑤全卵粉末
⑥コーングルテンミール
⑦チキンレバーパウダー

チキンミール・チキンレバーパウダー

チキンミールはどこが原産の鶏でどんな部位を使用しているのか分からない原材料です。

例えば、鶏の内臓、頭、足、羽、骨など一般的に食用として食肉加工された時にでる廃棄部位を集めたものを指します。

参照元:よく聞く副産物(●●ミール)って何?|ちょっと一息 ペットのご飯屋さんの独り言 - 店長の部屋Plus+

例えば内臓が入っている場合、肝臓や腎臓は栄養価が高い組織です。

肝臓の場合、ビタミン類が豊富です。同時にミネラル分である鉄や銅、セレン、リンも豊富です。

腎臓病の場合、リンを排泄できなくなってしまうのであまり過剰にリンを摂取したくありません。

腎臓病食として販売されているので各種ミネラルの量は調節されているとは思います。

しかしきちんとした材料を使用していれば材料の品質の心配をしなくても良いので、ミール肉は使用しないで欲しい原材料です。

ノバルティスアニマルヘルスケア

ドクターズケアを販売しているのはノバルティスアニマルヘルスケアと言う会社で、その親会社はノバルティスと言う有名な製薬会社です。

現在はノバルティスアニマルヘルスケアを買収したエランコが販売しています。

2014年 Lohmann Animal Healthを買収し、養鶏分野でのワクチン事業を強化。ノバルティスアニマルヘルスを買収し、コンパニオンアニマル分野、畜産分野、ワクチン、水産分野を強化。

引用元:Elanco Japan | 会社情報

親会社の不正問題

この会社は2014年にある不正を行ったと言う事が知られています。

ノバルティスが行った不正はいくつかあり、その1つが論文データの改ざんです。

自社に有利になるように論文のデータを改ざんし、正しい結果では無いものを発表していたと言う事になります。

データを改ざんしていた会社の事を信用できるのかという点を考えてみた時に、100%信用できると言い切れる人はあまりいないのではないでしょうか。

大学に多額の寄付金

ノバルティスの研究に協力をしてくれている大学に多額の寄付をしていたと言うことです。

勉強会の費用だけではなく、医師個人にも謝礼を払っていたと言うことです。

データの改ざんや賄賂の様な事をしている会社が親会社だと言うことを知ってしまうと、ドクターズケアが本当に信頼できるのか・安心・安全なキャットフードを販売してくれるのかと言うことが心配になってきますよね。

それに加え、原材料もトウモロコシ・動物性油脂・米・チキンミールと本当にいい物を使っているとは言えません。

本当に安心できるキャットフードなのかと言う点、自信を持って安心・安全です!とは言い切れず、疑問が残ってしまうと思います。

尿石症とは

管理人
尿石症とは、腎臓や膀胱・尿管尿道などに結晶や結石ができてしまう病気のことです。

猫に多い代表的な結石の種類は、

・尿がアルカリ性に傾くことでできる「ストルバイト結石」(若い猫に多い)
・酸性に傾くとできる「シュウ酸カルシウム結石」(老齢の猫に多い)

の2つです。

ストルバイト結石は餌を変えて、尿のpHを少し酸性に傾けることで溶けてくれる結石です。

シュウ酸カルシウム結石は一度出来てしまうと溶けないため、手術で取り除かないといけません。

どちらも原因は、尿の中にタンパクやリン・マグネシウム・カルシウムなどのミネラル類が増えることや、尿のpHのバランスが傾くことであると言われています。

また猫は元々あまり水を飲まずに濃い尿をする動物なので、それも原因の一つとされています。

予防としては、尿石症専用フードをあげることと、水分をよく取ってくれるようにドライフードをふやかしてあげたり、ウエットフードを組み合わせてあげると良いでしょう。

また、基本的にご飯の後は尿はアルカリに傾くとされています。

一度に多量のフードを食べると、その分アルカリ化は強くなってしまいますので、1日何回かに分けてご飯をあげることも良い予防になります。

病気に効くの?ドクターズケア・みんなの評判

管理人
きちんと病気に効くのか気になるところ!ドクターズケアの評判や口コミを調べてみました

ドクターズケア良い評判

ドクターズケアは長期間続けて使用している方からは比較的良い評判が多かったです!

尿石症で病院に通う回数がグンと減りました

我が家で飼っている猫はオス猫で、尿石症にはなりやすく2ヶ月に1回くらいは尿の出が悪くなっていました。

獣医さんにドクターズケアのストルバイトケアを勧められてからは半年に1回病院に通うか通わないかくらいです。

もっと少なくなってくれればいいなとも思っていますが、我が家の猫の体質も関係しているみたいなので高望みはしない事にしています。

よく食べてくれて尿石症も防いでくれています

病院で勧められた時は普通のキャットフードよりもちょっと高額ですし、どうしようかなと悩みましたが、キャットフードを変えるだけで健康に近づいてくれるなら良いですよね。

普通のキャットフードを食べていた時はちょくちょく病院にお世話になっていましたが今は滅多に行かなくなりました。

キャットフードをストルバイトケアに変えてから2年くらいですが、病院に行くのは健康診断と予防注射の時くらいです。

慢性腎不全になってしまった際に獣医さんに勧められました

他のメーカーの物もいくつか紹介していただきましたが、一番食べてくれるし病気も悪化しないのでこちらに落ち着いています。

チキンテイストに飽きてきたなと思ったらフィッシュテイストにして様子を見たりと味が2種類あると言うのも嬉しいですよね。

慢性腎不全は治らない病気だと言われたときはどうしようかと悲観的になってしまっていましたが、ドクターズケアのキャットフードを食べていれば今の所症状や血液検査の数値が悪くなる事はありませんし、うまく病気と付き合っていきたいなと思っています。

口コミ解説

ドクターズケアのストルバイトケアは尿石症が頻繁に起こる猫に効果があるので使ってみてほしい!と考えるヒトが多いように思います。

病院に通う回数が少なくなったと口コミをしているヒトもいるので、効果が全く無いという訳ではないみたいです。

また、キドニーケアの方もご飯が合えば腎臓の数値が悪くなると言う事は無く、安定した生活を送らせてあげる事ができそうです。

ただしキドニーケアで慢性腎不全が改善したと言う口コミはありません。
※腎臓病は数値が安定する時期はありますが、治ることはありません。

口にする物の効果は個体差が大きいので一概に効果がある!と断言する事はできません。

身体に合えば、効果的なご飯であることがわかりました。

ドクターズケア悪い評判

ドクターズケアが合わず、具合が悪くなってしまった!という口コミを発見したので紹介します。

慢性腎不全になってしまったので食べさせたら体調が悪くなりました

最初のうちは問題なく過ごしていたのですが、1週間を過ぎたあたりから体調が悪くなってきてしまったみたいです。

病院に連れて行って診てもらったところ、多分キャットフードが合わないのだろうとの事。

他のメーカーのドライフードに変えてみたところ体調も良くなりました。

合う合わないは誰にでもあると思いますが、ここまで元気が無くなったのは初めてで少しびっくりです。

普通のキャットフードよりも高かったのでがっかりしてしまいました。

ストルバイトケアでアレルギー発症

ストルバイトケアを買って食べさせたのですが、残念ながら合いませんでした。

アレルギーらしく、抜け毛の季節でもないのに毛が抜けてしまって・・・

他のメーカーのキャットフードではアレルギーが出た事が無いので何が悪かったのか疑問です。

食いつきは良くてたくさん食べてくれて嬉しいなと思っていただけに少し残念ですが諦めるしかないですよね。

今度からはアレルギーなどにも気をつけてキャットフードを選ぼうと思いました。

合わなかったらしく悪化してしまいました

慢性腎不全なのでキドニーケアを購入したのですが、合わなかったらしく悪化してしまいました。

今まで血液検査の結果が変わらないと言う事はあっても悪化はした事が無かったのでとてもびっくりしましたが、まぁ合わないのなら仕方が無いですよね。

他の方の口コミを見ると問題なく食べている猫ちゃんばかりですので、我が家の猫が悪いのでしょう。

値段もそれなりだったのでもったいないですが処分しようと思います。

口コミ解説

合わない猫にはとことん合わない!といった口コミが多いです。

食欲が無くなってしまうだけではなく、毛が抜ける・慢性腎不全が悪化してしまうなど少し怖いな、と思う口コミもありました。

合う合わないがここまではっきりしてしまっていると、お試しでも購入するのを少し考えてしまいます。

原材料にアレルギーが出やすいものがいくつか含まれているので、アレルギーが出やすい猫ちゃんは特に注意が必要でしょう。

最初に病院でアレルギー検査をしてもらってから検討してみても良いかもしれません。

まとめ

  • 慢性腎不全用と尿石症用があって病気に合わせて選ぶ事が出来ます
  • 親会社が2014年にデータ改ざん・賄賂などの不正
  • 尿石症用は効果があると口コミをしている人が多いけれど合わない時にはとことん合わない

ドクターズケアには慢性腎不全の猫を対象としたキドニーケアと尿石症の猫を対象としたストルバイトケアがあります。

どちらもチキンとフィッシュの2種類の味があり、猫の好みに合わせられるのが魅力です。

ですが販売元の親会社「ノバルティス」は2014年にデータ改ざんなどの不正をしており、100パーセント信頼できるかと言われるとそうではないかもしれません。

また、原材料も文句なしに良いと言うわけではなく、口コミをみると猫によっては合う合わないが激しく二分化されているように感じました。

病気の猫に与えるものですから、万が一があってはいけません。

結果としてはCランクのキャットフードとなります。

人気の記事

プレミアムフード「モグニャン」が50%オフ!モグニャンの実食動画レビュー

モグニャン半額

プレミアムフード「モグニャン」を購入レビュー。

今なら期間限定の半額キャンペーンをやっています。

ネットの評判が高いモグニャンを評価(動画あり)しています。

おすすめのキャットフードのランキング

オススメのキャットフードランキング

当サイトで実際に試してみたキャットフードのおすすめランキングです。

フード選びに困ったらぜひ参考にしてみてくださいね。

キャットフードの一覧

キャットフードの全一覧ランキング

日本国内で購入が出来るキャットフードを一覧にしてS・A・B・Cにランク分けしました。

※随時更新中

-Cランク

Copyright© キャットフードのABC , 2018 All Rights Reserved.