キャットフードの選び方

気をつけたいキャットフードの原材料4種類

投稿日:

これは注意すべきポイント!気をつけたい原材料4種類

キャットフードを選ぶ際、きちんと原材料を確認していますか?

注意すべき原材料はたくさんありますが、まず最初にチェックして欲しい4つを紹介したいと思います。

管理人
キャットフードを選ぶ際、原材料で気をつけるべきものは以下の4つです!
  1. 肉類の種類の表記
  2. 穀物類の有無
  3. 化学添加物の有無
  4. 魚介類の種類表記

ひとつづつ解説していきましょう。

キャットフードの原材料の見方

原材料表記の見方

まずは一番最初に何の原材料が記載されているか見てみましょう!

原材料の表記は、原則として添加物を含めて使用した原材料を全て表示するように決められています。また配合量が多い順に記載されています。

気をつけたいキャットフードの原材料4種類

引用元:農林水産省|消費・安全|ペットフードの安全関係|ペットフードの安全確保のために|

一番初めに記載されているのが一番量が多い原材料です。

最初に肉類が記載されていれば、肉の含有が多いキャットフードであるといえます。

1、肉類

肉類

肉類の表示で、ミール肉、家禽ミール、肉副産物などと記載されている場合は、品質の悪い肉を使用している場合がありますので注意が必要です。

肉類は、牛生肉やチキン生肉・鶏むね肉など、肉の種類や部位、生肉か乾燥肉かといった肉の状態まで記載されているものが安心です。

肉副産物

肉副産物と記載されている場合、ヒトの食品に使用できないような肉の余り部位である可能性があります。

肉副産物とは、屠畜体からお肉の部分を採取した後の残りの皮、内臓(ヒトが食べられない部位)、骨、脂肪、頭などのことをいいます。

参照元:日本畜産副産物協会|畜産副産物とは

きちんと分別加工された肉類はコストが高く、利益率を考えるキャットフードではなかなか使われることはありません。

肉副産物を使用しているフードはコスト削減されており、消費者のことを考えているメーカーとは言い難いです。

ミール肉とは?

ミール肉とは、肉副産物やクズ肉などを混ぜた原材料のことです。

これもコスト削減の為に使用されることが多く、品質が悪い原材料です。

家禽ミール

家禽ミール肉は、様々な家禽類やその肉副産物を混ぜた、混ぜ肉の事です。

家禽には、日本の規定では鶏の他にあひるや鴨、七面鳥などが含まれます。

しかしミール肉そのものを原材料を輸入してしまっている場合、どんなものが含まれているかわかりません。

また、鶏ではアレルギーが出ないが鴨ではアレルギーが出るという子もいますので、家禽ミールという曖昧な表記の原材料は避けたほうが良いでしょう。

アメリカで問題の4Dミートとは

4Dミートとは、

  • dead(死亡している)
  • dying(死にかけている)
  • disabled(障害のある)
  • diseased (病気のある)

という状態にある家畜の肉のことです。

アメリカではこの4Dミートの使用が問題になっており、米国食品医薬品局が注意喚起を出しています。

参照元:U.S FOOD&DRUG ADMINISTRATION| Inspections, Compliance, Enforcement, and Criminal Investigations|Compliance Manuals|Compliance Policy Guides

アメリカ産のキャットフードの場合、こういった品質の悪い肉を使用している可能性があります。また国産といえど、原材料を輸入している場合はこのような肉類が使用されている可能性もあります。

ですので、きちんと肉類の部位や素材表記がなされており、人間が食べられる品質の肉である表記がされているキャットフードが安全といえます。

2、穀物類

穀物類

穀物類では、トウモロコシやその加工製品、小麦や大麦の表記に注意が必要です。

トウモロコシやその加工製品

トウモロコシ類製品は入っていないほうが良い原材料です!トウモロコシはセルロースと呼ばれる食物繊維の外皮で囲われており、これは草食動物以外は消化出来ない線維です。

消化不良を起こしやすい食材ですし、コスト削減のかさ増しに使用されやすい食材ですので、キャットフードには不要な原材料といえるでしょう。

小麦や大麦

アレルギーの危険性

小麦や大麦はアレルギーの危険性があるので注意が必要な原材料です。

つなぎとして使用されることの多い原材料ですが、近年小麦アレルギーのペットが増えています。

今発症していなくてもいずれ発症してしまう可能性があるので

猫は肉食性

猫は完全肉食性の食性であると言われています。

犬は歴史的に人間との生活が長く、オオカミ時代の肉食の食性からヒトの生活に適応した雑食性に変化したと言われており、それは口腔内や体内で産生される消化酵素の量の変化で証明がなされています。

猫はまだ完全肉食の体質なので、穀物類の消化は苦手な身体です。

米や玄米

小麦を配合しない代わりに近年多いのが、米や玄米です。これらもかさ増しやつなぎに使用されることの多い食材です。

やはり穀物類ということで猫は消化のし辛い食材ですので、入っていないほうが良い原材料です。

3、化学添加物

化学添加物

化学添加物では特に着色料・合成保存料の有無に注意が必要です。

人工着色料

色付けは全く不要

人工着色料はペットフードに不要である上、発がん性やアレルギーなど様々な危険性がある添加物です!

動物は色で美味しい・美味しくないを判断しないので、色付けは全く不要です。

しかし、少しでも飼い主の購買意欲をそそるようにと添加されるのが着色料です。

天然着色料でも注意!

天然と表記される着色料でも注意が必要です!

アカネ色素と呼ばれる天然着色料は、天然の成分として食品添加物に使用されていました。

しかし1997年と2004年に検査の結果、発がん性の疑いがあるとして食品添加物としての使用が禁止されたのです。

またコチニールと呼ばれる色素は昆虫から採取されている天然色素ですが、アレルギー発症の報告が問題になっています。

参照元:消費者庁|コチニール色素に関する注意喚起

着色料は天然のものでも入っていないほうが良い添加物です。

化学保存料

食品の腐敗や劣化を抑える効果がある添加物ですが、ヒトの場合でも懸念されることが多い添加物です。

近年では化学保存料の使用が控えられて天然成分の配合が良くみられます。

化学保存料は発がん性があるとされている成分もあるので、保存性は落ちてしまいますが入っていないほうが安心できると感じます。

添加物タウリンは猫に必須栄養素!

キャットフードにはよく添加物としてタウリンが添加されています。

参照元:ロイヤルカナン|犬と猫の栄養成分辞典|タウリン疾患は

タウリンとは必須アミノ酸の一つに分類されており、体内で作ることができない栄養素なのでキャットフードにはある程度の添加が必須の栄養素です。

よくある健康推進添加物

健康増進作用があるといって添加されている成分は本当に効果があるのでしょうか?

近年のペットフードには、Lカルニチン、メチオニン、活性炭、コラーゲングルコサミンなど…様々な健康増進添加物が配合されています。

Lカルニチンとメチオニンに関しては、近年実際に効果が出ているという研究結果が何例か発表されています。
参照元:CiNii|「キャットフードへの尿酸性化剤(メチオニン, 塩化アンモニウム)添加が尿不溶性成分量に及ぼす影響」麻布大学 船場ほか
参照元:CiNii|「畜産領域におけるL-カルニチン給与に関する研究の方向--国内外の研究紹介と併せて」佐藤光夫ほか

しかし、活性炭やコラーゲン、グルコサミンに関してはまだ研究段階ではっきりと効果が出ているとはいえない成分です。

身体に害になる成分ではないと考えられるので含有されていても良いのですが、その分価格が上昇する傾向が見られます。

効くか効かないのかわからない成分が入っているよりもほかの原材料の品質を向上してほしいと感じますので、健康推進添加物の含有に特化しているフードはあまりおすすめではありません。

4、魚介類

魚介類

魚介類はキャットフードによく見られる原材料ですが、魚の種類の表記があるかを確認する必要があります!

魚の種類表記がないもの

フィッシュミールや魚介類などのおおまかな表記の場合、どんな魚が使用されているのかわからない、ごちゃ混ぜの状態である可能性が高いです。

アレルギーの危険

実は猫でも魚アレルギーの子がいます。

その数は決して少なくなく、猫の食物アレルギーとしては一位牛肉、二位乳製品に次いで三位に魚が入っています。

参照元:ヒルズプリスクリプション|スペシャルコンテンツ|知っておきたい犬と猫の病気のお話|食物アレルギーのお話

サケやタラなど魚の種類がアレルギー発症に関係することがありますので、どんな魚が使われているのかわからない状態は注意が必要です。

魚介類の蓄積毒性の危険

魚介類は、海に流れ出た毒性物質を体内に溜め込む「蓄積毒性」の危険性があります。

ペットフードは、ペットフード安全法によって毒性物質の含有量がいくつまで許可されるのかという数値が決められています。

参照元:環境省|動物の愛護と適切な管理|ペットフード安全法|基準規格等

しかし基準値を見てみると、ヒトの食品では検出されてはいけないとされている毒性物質も、ペットフードでは少量ですが検出されてもOKになってしまっているのです…

魚介類は特に毒性物質を体内に貯めやすいので、有害物質の含有について気になる飼い主さんは魚系のフードは避けたほうが良いとも言えます。

肉類なし、完全魚のフードは少ない

肉類にアレルギーのある猫ちゃんは、原材料表記の欄をしっかり見ることをおすすめします。

「まぐろ味」や「サーモン」と表記されていても、多くのペットフードでは肉類も併用して使用しています。

特に多い例は肉副産物やミートミールなど、何が入っているのかわからないような肉が魚類と共に使用されているフードです。

大きく魚類の記載があっても、きちんと原材料表記を確認してみてください!

まとめ

  1. 肉類の種類表記
  2. 穀物類の有無
  3. 化学添加物の有無
  4. 魚介類の種類表記

原材料でまず確認すべきポイントは以上の4つです。

愛猫の健康の為に、飼い主さんがきちんとフードを選んであげてください!

人気の記事

プレミアムフード「モグニャン」が50%オフ!モグニャンの実食動画レビュー

モグニャン半額

プレミアムフード「モグニャン」を購入レビュー。

今なら期間限定の半額キャンペーンをやっています。

ネットの評判が高いモグニャンを評価(動画あり)しています。

おすすめのキャットフードのランキング

オススメのキャットフードランキング

当サイトで実際に試してみたキャットフードのおすすめランキングです。

フード選びに困ったらぜひ参考にしてみてくださいね。

キャットフードの一覧

キャットフードの全一覧ランキング

日本国内で購入が出来るキャットフードを一覧にしてS・A・B・Cにランク分けしました。

※随時更新中

-キャットフードの選び方

Copyright© キャットフードのABC , 2018 All Rights Reserved.