Bランク

ネコ用ヒルズの評価と評判を解説!

投稿日:2016年3月9日 更新日:

ネコ用ヒルズの評価と評判を解説!

アメリカ発の有名大手ペットフードメーカーであるヒルズ社。

サイエンスダイエットや獣医師処方の療法食が有名です。

ヒルズネコ用フードの評価をしてみます!

ヒルズの評価

ヒルズの評価

研究費用のため高額フード

ヒルズは世界でも最大級の規模の自社研究所を持っており、150人以上もの専属獣医師や栄養学者、研究者、技術者を抱えています。

大学と連携して研究を行ったり、研究所では最先端の研究が常に行われています。

様々な学会で最新の研究発表を行っているので、研究・発表に関してはかなり多くの実績を残している企業とも言えるでしょう。

獣医療関係者向けにセミナーや学会、栄養学講習を行うなど、栄養学の最先端を走っているメーカーと言っても過言ではありません。

ただ、研究費用をかけている為かフード自体の値段は決して安いとはいえない価格帯です。

肥満や特別療法食が有名

子猫向け

ヒルズでは子猫用のフードは生後12か月まで使用する目安のもので『キトン』という製品が発売されています。

他のフードメーカーと違った特徴としては

①子猫の大好きな味を研究し、子猫の味覚に合った味を再現している。
②子猫の脳の発達をサポートするDHAを配合している。という事が挙げられるでしょう。

肥満猫向け

『サイエンスダイエット』の商品名の通り、ヒルズは特に肥満に対する研究を多く行っています。

大学との共同研究で、調査対象を十分に確保しながら肥満に対する減量効果のある食材配合を常に研究しています。

肥満傾向な猫向けの一日の摂取カロリー量を抑えた専用フードは、現在ヒルズの代表商品として販売されています。

療法食とおやつ

また、ヒルズは獣医師の処方によりあげることのできる、特別療法食も有名です。

消化器疾患をもつ猫の為には

『i/d』
『w/d』

といった種類のフードが有名です。

さらに珍しいもので、特定の病気をもつ子でも食べることのできる特別療法食のおやつも開発されています。

食事制限をしている子はおやつをあげられなかったり、食事に対する満足感が減ってしまいがちです。

しかし特別療法食のおやつがあることで、猫の食事に対するQOLを安心して向上させることができます。

参照元:Cat Care|日本ヒルズ・コルゲート株式会社

ヒルズ製品の『アレルギー』について

ヒルズ製品の『アレルギー』について

ヒルズでは、アレルギーのある猫に対しての『食物アレルギー管理用フード(z/d)』という専用フードが開発されています。

食物アレルギーの原因になる可能性が極めて低いタンパク質や、アレルギーの原因になりにくい高消化性の炭水化物(米)を使用しています。

獣医師や専門学者によって科学的に徹底的に研究された専用フードであるので、アレルギーを持つ子でも安心して食べることができます。

また、原材料の肉の種類も的確に記載しているので(多くはチキンとターキー)、”原材料:肉”と書いてあってもどんな肉が混ざっているのかわからない…といったことはありません。

便秘に効果ある?

高齢猫に多いのが便秘です。

猫はただでさえ水の摂取量が少なめな個体が多い上、高齢になると消化管(胃や腸)の機能が低下して便秘になりやすくなります。

そのため、ヒルズの商品では便秘対策として、セルロースなどの食物繊維を添加しています。

食物繊維があることで、便の形成を助けて便秘を起こしにくくする効果があるのです。

また消化管機能が低下していても吸収しやすいような高消化性の食物を多く含んでいます。

メタボリックス猫に効く?

近年、動物のメタボリックシンドロームは健康状態に悪影響を与えるため問題になっています。

ヒルズは肥満への研究を積極的に行ってきた会社で、メタボリックシンドロームの猫に対しての減量とリバウンド防止の為に『メタボリックス』という商品を開発しています。

他社では主に体重増加を防ぐためのフードが多いですが、ヒルズは独自の研究で、二か月で健康的に猫の体脂肪を29%減少させるフードを開発しました。

更に減量後の体重再増加防止と健康的なエネルギー代謝ができるような天然由来原材料の配合を行っており、メタボな猫の減量にはヒルズ社の製品がとてもおススメであると言えるでしょう。

また、減量を行わなくてはならない猫はその他にも疾患を抱えている場合が多いです。

そんな病気持ちの肥満猫でも、治療を行いつつ健康に減量が出来るような特別療法食も開発されています。(r/d,w/d,m/dなど)

まとめ

  • 世界最大級の研究施設を持つヒルズ。専門家による科学的な根拠がきちんとしたペットフードが発売されている。信頼性は大。
  • 療法食では他社に比べてダントツのラインナップ数を取り揃えている。
  • どれも科学的に効果が証明されたものばかりなので、安心して効果を期待しながら使用できる。

数多くの学会でも発表され、科学的に裏付けされたヒルズのフードは信頼性が高いです。

近年ではその犬猫の肥満研究結果をヒトの減量プログラムに繋げる研究もなされているとか。

価格帯は安いとは言えないですが、きちんと健康のメカニズムを理解した上でフードを選びたい!という方にはとてもおススメなペットフードメーカーです。

人気の記事

おすすめのキャットフード

オススメのキャットフードランキング

当サイトで実際に試してみたキャットフードのおすすめランキングです。

フード選びに困ったらぜひ参考にしてみてくださいね。

キャットフードの一覧

キャットフードの全一覧ランキング

日本国内で購入が出来るキャットフードを一覧にしてS・A・B・Cにワンク分けしました。

※随時更新中

【獣医の卵が教える】キャットフードの選び方

キャットフードの選び方

獣医の卵が正しいキャットフードの選び方を解説します。

  1. タンパク質(アミノ酸)
  2. 脂肪(脂肪酸)
  3. 炭水化物
  4. ビタミン
  5. ミネラル

あなたが選んでいるフードに入っていますか?必須の栄養素!

-Bランク

Copyright© キャットフードのABC , 2018 All Rights Reserved.