Aランク

ジャガーキャットフードのレビュー【評判・口コミ・成分】

投稿日:

ジャガーキャットフード

新たに国内で購入することができるようになった、プレミアムキャットフード「ジャガー」をご存知でしょうか?

今回、筆者が試してみましたので、口コミを交えて、評価を行いたいと思います!

ジャガーをオススメ出来ない猫ちゃん

ジャガーをオススメ出来ない猫ちゃん

まずはじめに、ジャガーを試してみて分かった「おすすめ出来ない」猫ちゃんの特徴を紹介します。

1.腎不全の猫ちゃん

ジャガーは比較的タンパク質量が多い為、腎不全や慢性腎臓病の猫ちゃんには向かない場合があります。

食事制限が言われている病気持ちの猫ちゃんには、安易に餌を切り替えないで獣医師の判断を仰いでください。

2.ジャガーを与えても見向きもしない子

ご飯は食べてくれなければいくら健康に良い物を与えても意味がありません!

コレばかりは購入してみないと分からないのですが...

与えても全く食べてくれない場合は、何か気に入らない匂いや食感があるのでしょう。

せっかく購入したのに、もったいないなんて時は「いままでのフードと混ぜながら徐々に切り替え」てあげて下さいね。

ジャガーのマイナス評価・改善して欲しいところ→値段が高い!

やはり、原材料にこだわっているというだけあってジャガーキャットフードは比較的お値段が高めです。

しかしこの栄養価を自分で賄おうとすると、もっともっと金額がかかってしまいます。

そのため気軽に使用できる健康なドライフードとしては便利でしょう。

定期購入を行えば割引になるようですので、ぜひそちらを利用していただければと思います!

ジャガーをおすすめ出来る猫ちゃん

ジャガーをおすすめ出来る猫ちゃん

公式サイトより画像引用

1.成長期の子猫

良質なタンパク質が必要な子猫にはバッチリです!グレインフリーでアレルギーになってしまう心配もとても低いフードです。

2.ご飯にがっつく成猫

ご飯にがっつく子でも、きちんと良く噛んで食べられる粒の構造をしています。

満腹感も出ますし、丸呑みしがちな子でも消化に良く食べられます。

3.あまり量を食べない猫

量をあまり食べない子でも、ジャガーなら少量で十分な栄養を摂取できます!

一般的に販売されている安いフードは、かさ増しされていたり栄養の少ない材料を使われているので、その分量を食べないといけません。

しかしジャガーは一日の給与量は少なめです。

これは少ない量でも十分な栄養を摂取できるということなので、食が細い子には特におすすめです!

☞ ジャガーキャットフード公式はコチラ

ジャガー・キャットフードをレビュー

ジャガー・キャットフードをレビュー

ジャガー注文すると3日ほどであっという間に到着。

筆者の家は関東圏なので配送が早かったのでしょうか??

こんな感じで梱包されていました。

こんな感じで梱包されていました。

衝撃で壊れるものでもないですし、無駄な梱包がないのはゴミが減るので私は便利です!

以前注文した時とは違い、新たにカタログが同封されていました。

外観はシンプルな配色でおしゃれ

外観はシンプルな配色でおしゃれ。

裏側には、絵とともにわかりやすく原材料

裏側には、絵とともにわかりやすく原材料が表記されています。

開封してみると、びっくり!

マジックテープ様のジッパー?がついており、簡単に口を閉められる

マジックテープ様のジッパー?がついており、簡単に口を閉められるようになっています。

このフードを使用していく上で、これがまたとんでもなく便利でした!他のフードも全部これにしてほしい。笑

フードの粒はこんな変わった形です。

平べったいドーナッツ型の粒です。

ジャガーをおすすめできる・出来ない猫ちゃん

あげてみると、不審そうに匂いをかいだあと…

食べました!!!

匂いも良く、粒も平べったいので良く噛んで美味しそうに食べてくれていました。

良く噛んでくれるので満腹感を満たしやすいように思います。

☞ ジャガーキャットフード公式はコチラ

ジャガーの原料・成分を評価

  • 穀物類は一切含まない「グレインフリー」
  • 品質の分からない肉や、肉副産物は不使用
  • 動物の良質なタンパク質を含み、離乳後の子猫にもOK
  • 人工添加物は一切不使用
  • 人間が食べられる「ヒューマングレード」の原材料を使用
まず、評価できる点はなんといっても「グレインフリー」な点でしょう!

小麦やとうもろこしなどはアレルギーを引き起こしやすい植物性タンパク質な上、消化し辛い材料でもあります。

「かさまし」などでごまかさずに、ふんだんに良い原材料を使用してくれている事がわかりますね。

肉類は骨抜きチキン、鴨生肉、乾燥チキン、乾燥鴨肉が使用されていました。

また更に動物性タンパク質として、生サーモン、生マスが使用されています。

成分分析値を見てみると、タンパク質量は驚きの40%!

猫ちゃんの成長に必要な動物性タンパク質の量は十分満たせていると思いますので、成長期の子猫にも安心して与えられますね。

人工的な香料の添加もないのにフードの香りが良く食いつきが抜群なのは、多くのお肉を使用しているからでしょうか。

ジャガーキャットフード【公式】はコチラ

口コミと評判

初めて食べたときから、勢いよくモグモグと喜んで食べていました。

猫が喜んで食べて健康でいられるのが一番ですね。新鮮で上質な食材を厳選し、安全にも配慮して作られているので、古都ちゃんが大人になるまでずっと使い続けたいと思います。キャットフードは毎日キッチンに置いているので、おしゃれなパッケージも嬉しいポイントです。

参照元:ジャガーキャットフード公式ホームページ

シンプルでおしゃれなパッケージはやはり好評のようですね。

マジックテープのようなオリジナルのジッパーが付いているのでしっかり封ができ、安心してそのまま保存できます!

いつものフードと並べて置いてみたところ、いつものフードには見向きもせず、兄弟猫たちと争うように食らいついていました!すごい!

ガツガツ食べ過ぎると吐いてしまうことも多かったのですが、ジャガーはものすごい勢いで食べても吐くことがなく安心です。

とても美味しそうに食べていたのが何より気に入りました。

参照元:ジャガーキャットフード公式ホームページ

ガツガツ食べても、円盤状で平べったく小さすぎない粒のおかげできちんと噛んでくれます。そのため、この猫ちゃんは吐くことがなくなったのでしょう。

猫はフードを丸呑みしがちな動物ですが、丸呑みは胃腸に負担がかかってしまいますので噛んでくれたほうが身体のためにも安心です。



ジャガーはどこで?どんな会社?が作っているの?

作っている会社

品質重視!大手会社の社長が独立してこだわって作りました。

ジャガーの生産者はクリスチャン・デグナーという方で、もともと北欧でペットフードの会社を立ち上げており有名な方だったそうです。

しかし利益率を上げるよりも品質を重視したフードを作りたい!とのことで、良い原材料で良い配合率のペットフードを作ろうと「エッセンシャル・フーズ社」を立ち上げて、この「ジャガー」キャットフードを作りました。

どこで作っているの?

安全に対する信頼効果は大!イギリスでの生産。

ジャガーはイギリスで生産されています。

ヨーロッパはペットに対する考え方がかなりの先進国で、ペットフードについても厳しく品質や原材料管理が求められ、法律が整備されています。

それはもちろん生産を行う工場の設備も同様で、ペットフードといえど人間の食材を作る工場の様にきちんとした衛生管理と安全対策を行った工場で生産されます。

ジャガーキャットフードも、そんな徹底した安全管理と品質管理の行われてるイギリスの工場で生産されているんです。

日本はペットフードの生産について厳密に法整備がなされているわけではないので、イギリス産のペットフードは国産よりも安心して与えられますよね。

まとめ

  • イギリスで生産
  • 信頼のおける工場で生産
  • 原材料はヒューマングレード
  • パッケージのオリジナルジッパーが便利
  • タンパク質量が多くグレインフリー
  • 消化器が弱いけど成長にタンパクが必要な子猫にもとってもオススメ
  • よく噛んで食べてくれるので、消化にも満腹感にもいい
  • 原材料の良さと高タンパク、高栄養

今回ジャガーキャットフード試してみましたが、やはりプレミアムフードは高品質・高栄養!!

今まで安いフードをあげていた方は給餌量が少なくなったと感じるかもしれません。

きちんと噛んでくれるので、満腹感もちゃんと出てくれるようです。

一度ぜひ!試して見てください。

☞ ジャガーキャットフード公式はコチラ

人気の記事

おすすめのキャットフード

オススメのキャットフードランキング

当サイトで実際に試してみたキャットフードのおすすめランキングです。

フード選びに困ったらぜひ参考にしてみてくださいね。

キャットフードの一覧

キャットフードの全一覧ランキング

日本国内で購入が出来るキャットフードを一覧にしてS・A・B・Cにワンク分けしました。

※随時更新中

【獣医の卵が教える】キャットフードの選び方

キャットフードの選び方

獣医の卵が正しいキャットフードの選び方を解説します。

  1. タンパク質(アミノ酸)
  2. 脂肪(脂肪酸)
  3. 炭水化物
  4. ビタミン
  5. ミネラル

あなたが選んでいるフードに入っていますか?必須の栄養素!

-Aランク

Copyright© キャットフードのABC , 2018 All Rights Reserved.