キャットフードの選び方

おすすめ無添加キャットフード、選び方と評判・比較

投稿日:

おすすめ無添加キャットフード、選び方と評判・比較

できれば、愛猫に「本当に良いキャットフード」を食べさせてあげたい。

だけど、

無添加を名乗っているキャットフードが多すぎてどれを選んだらよいの?

そんなお悩みを抱えている飼い主さんに

・無添加キャットフードの選び方
・無添加キャットフードに対するみんなの評価・評判
・おすすめのキャットフード

を紹介します。

無添加キャットフードと選び方

キャットフードの選び方

無添加の記載があっても、実は本当に無添加ではないキャットフードがあります。

実は「無添加」定義は法律で定められておらず、製造元や人それぞれであるのが現在の状況です。

ですので、無添加の記載があっても自分が入っていてほしくない物質が使用されていないか、きちんと購入の際に原材料表記を確認する必要があります。

キャットフードの選び方【4ステップ】

無添加キャットフードとの記載がある場合きちんと確認したいのは以下の4点です!

1.原材料の品質

原材料の品質は、きちんと「ヒューマングレード」の表記があるものや、飼育方法や原産国にきちんとこだわりがある物にしましょう。

原材料となるものの原産国がわからないものは、どんな材料を使用しているのか、どんな加工がされたのかわからずに不安な材料となります。

2.栄養素の添加はビタミンのみOK

無添加と謳いながら、原材料表記を見た際に食材以外の名前がみられた時には注意が必要です!

栄養物の添加でどうしても必要なのは、時間の経過とともに成分が少なくなってしまうビタミンのみです。

栄養素の添加が多い場合、栄養素の少ない品質の良くない原材料を使用している可能性があります。肉・野菜などの食材とビタミン以外の添加物がみられる無添加キャットフードには注意しましょう。

3.無着色・無香料・人工保存料無添加

無着色・無香料・人工保存料無添加

無添加といわれるもので多いのは、この着色料・香料・人工保存料が不使用であるというフードです。

これらは無添加フードの最低条件と言えるでしょう。着色料は本来色の識別能力が低い猫には不要ですし、香料は品質の悪い原材料を使用している場合によく使用されます。

人工保存料は安全性が疑問視されるものもありますので、今では多くの食品中の保存料が天然保存料に代替されつつある成分です。

まずこの3つが不使用であるのは、無添加フードである以上必須です!

4.製品に管理ナンバーが付与されているか

きちんと製品一つ一つに管理ナンバーが付与されている無添加フードを選びましょう!

無添加キャットフードは、製造元が小さな会社であったり個人での販売であることが多いです。そんなとき心配なのは、万が一商品に異常があった場合に責任は何処がとるのか、きちんと売った商品を把握しているのか、という点です。

ですので、きちんといつ・どこで・誰に販売したかわかるようなフードが良いといえます。

「国産だから安心安全」は間違い

検討している無添加キャットフードが「国産」であるから安心・安全であるというのは間違いです!

国内で生産されているフードでも、原材料は外国産である事が多いです。

また日本のペットフードに対する法律はあまり厳しくないので、製造管理が本当にきちんとしているのか?という不安があります。

アマゾン・楽天の安いフードは危険?

アマゾン・楽天の安いフードは危険?

Amazonや楽天などの通販購入で安いキャットフードを買っている方。購入先の販売店はきちんと信用できるところですか?

誰でも簡単にインターネットのお店を開設できるようになったため、消費期限の近いフードを転売しているようなサイトをよくみます。

実際に、筆者の家の近くにはキャットフードやドッグフードを販売しているネットショッピングサイトの店舗兼倉庫があります。

一度購入を考えて足を運んだのですが・・・

湿度や温度管理などなされていない倉庫のなかに沢山安いフードが積み上げられています。

あの状況をみて、正規代理店やきちんとした保管をされているところから購入しようと改めて思いました。

安いキャットフードは注意

値段が安いキャットフードは、どこかで利益をあげるためにコストダウンしています。一番にコストを下げられてしまうは原材料の品質です。

肉の品質を落としたり、かさましを行ったり、長く保存できるように人工保存料を使用したりと様々です。

良いキャットフードを与えたいと考える方は、まず値段でフードを選ばないで欲しい!ということを声を大にして言いたいです。

追跡システムがあるかどうか

販売元が誰にいつ何の商品を販売したかという事を把握できる「製品管理番号」が付与されている商品をおすすめします!

万が一にフードに不備が出た場合。誰が購入したかということがわかっていますのですぐに対応することが出来ますし、返品や返金の対応も即座に行えます。

大型店舗や製品番号がついていない製品は、誰がいつ購入したかわかりませんので対応が大幅に遅れることがよくあります。

おすすめのキャットフード

おすすめのキャットフード

おすすめのフードは以下の4点から選んでいます!

  • グレインフリー
  • 主原材料(肉や魚)の比率が高い
  • 栄養素としてのミネラルの添加なし
  • 原材料の品質が良い

それではおすすめ無添加キャットフードを紹介していきましょう。

モグニャン

モグニャン

特徴

白身魚を主原料に63%使用しているグレインフリー(穀物不使用)のフード。

ネコに必要なタンパク質を十分に補うだけでなく、食いつきにもこだわって開発されている。

イギリスの工場で生産されているキャットフード。

市販の無添加フードと違うところ

モグニャンの袋には1つ1つに製造番号がつき、生産日、原材料のロットが追跡ができるようになっている。

イギリスの生産工場から直輸入し、直接届けられるため「店頭」での販売がない。

当サイトでもレビューを行いましたが、最も食いつきの良かったフードの一つです。

☞ モグニャンを試してみた!原材料評価と口コミ評判

カナガン

カナガン

カナガンはイギリス産のキャットフードです。

シンプルな原材料でできているので、アレルギーの心配がある子もしっかりとチェックできます。

また製品の管理を徹底するために、通販のみでの販売です。

定期購入でできたての新鮮なフードが定期的に配送されますし、割引が適応されお得に購入できます。

栄養・品質・製品管理と全ての項目をクリアしている製品ですので、無添加キャットフード入門のかたにはとてもおすすめのフードです!

市販の無添加フードと違うところ

カナガンはヒューマングレードの品質の良い原材料を使用しています。

また、子猫から成猫まで全ライフステージに対応しているという点も良い点です。年齢や生活環境が変わったことでご飯を変えたりする必要がありません。

定期購入で割引があるのも良い点です。

荷物を運ぶ手間が省けますし、新鮮なフードを購入できます。

通販サイトの対応も早く、注文してから2・3日で配送してくれるので、突如フードが切れそう!というときもすぐに対応してもらえます。

特徴

・あえての通販のみでの販売で、製品の管理はバッチリ。
・ヒューマングレードの原材料を使用
・メイン食材はチキン。牛肉や豚肉アレルギーの子でも食べることが出来ます。
・チキンを沢山使用することで、キャットフードに必須な栄養素であるタウリンを添加物で補足することなく摂取できます!

>>評判のカナガンキャットフードを実際に試してみた!

シンプリー

イギリスのドッグフードであるシンプリー。

イギリスのドッグフードであるシンプリー。

魚がメインで肉類の使用は一切なしの珍しいフードです!

魚メインの無添加フードはめずらしいので、魚肉を与えたい方にはおすすめの無添加キャットフードです。

市販の無添加フードと違うところ

シンプリーのメイン食材は魚です。主原材料のサーモンは50%以上の配合比率で、お肉類は一切入っていないので肉でアレルギーが出てしまう子も食べる事ができます!

また若齢の頃から食べているフードをそのまま高齢になっても与えられる事がポイントになっています。

特徴

・魚メインのフードで、肉アレルギーの子でもOK
・低カロリー(100gあたり357kcal)で太り気味の子にもおすすめ

・20歳以上の猫へも使用OK

>>評判のキャットフード・シンプリーをレビュー

ところで話が変わりますが...

無添加フードの口コミや評判

皆さんは無添加フードについてどんなイメージを持っているのでしょう?

実際に使用している方の口コミや評判はどうでしょう?調べてみました。

食品添加物と無添加のイメージ

食品添加物のイメージ

  • 影響がある
  • 悪い
  • アレルギー

食品添加物に対してはみなさんあまりよくないイメージが多いようです。

無添加のイメージ

  • 安全
  • 安心
  • 化学物質が入っていない

やはり無添加との記載があると、まずはじめに「安全・安心な製品だ」とのイメージを抱くようです。

参照元:日本生協連安全政策推進室アンケート結果 菊池

オーガニックフードとは?

農薬や化学肥料に頼らず、太陽・水・土地・そこに生物など自然の恵みを生かした農林水産業や加工方法をさします。

参照元:日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会|Q&A|オーガニックとは?

有機野菜などとよばれるものもオーガニックと同意義で、農薬や化学肥料などを使用していない食品は全てオーガニックとなるようです。

オーガニックとの表記があるキャットフードは、農薬や化学肥料などを使用していない原材料を使用しているという表示になります。

安心して与えられるキャットフードの一つになりますが、フードへの添加物の有無は関係ないので注意しましょう。

無添加キャットフードの口コミや評判

無添加キャットフードについての口コミや評判をみてみましょう。

で、仕事やっとバタバタが収まったので無添加キャットフードを真剣に選んでいる。この真剣具合を他のことにも生かせるといいのだが。

— ぎょうざ (@nyahnyahbinks) 2012年11月3日

無添加キャットフードはたくさんあり、選ぶのが大変と思う方が多いようです!こんなときにも、きちんとポイントを押さえていけば選びやすいですね。

無添加キャットフードはなかなかペットショップで購入できない…というのを不満に感じる方もいるようです。

しかし、きちんと製品管理を行っている通販で購入すれば、重い荷物を持つ必要もありませんし誰がいつどの商品を購入したかわかるので、万が一製品に異常があってもすぐに対処することができます。

ホームセンターやドラッグストアーなどで売られている量が多くて手頃なフードに見られる食品添加物

やはり安いフードは食品添加物がたくさんで不安…と感じる方は多いようです。

きちんとした無添加フードを選んであげるのは時間がかかり大変ですが、大切な家族の為に必要な時間です。

まとめ

無添加キャットフードを選ぶポイントは以下のとおりです。

  • 原材料の品質(ヒューマングレードか、もしくはこだわりがあるか)
  • 栄養素の添加有無
  • 無着色・無香料・人工保存料無添加
  • 製品に管理ナンバー付与があるか
  • グレインフリーであるか
  • 主原材料(肉や魚)の比率が高い

これらのポイントを踏まえた上で、自分の好みの無添加キャットフードを見つけてください!

人気の記事

おすすめのキャットフード

オススメのキャットフードランキング

当サイトで実際に試してみたキャットフードのおすすめランキングです。

フード選びに困ったらぜひ参考にしてみてくださいね。

キャットフードの一覧

キャットフードの全一覧ランキング

日本国内で購入が出来るキャットフードを一覧にしてS・A・B・Cにワンク分けしました。

※随時更新中

【獣医の卵が教える】キャットフードの選び方

キャットフードの選び方

獣医の卵が正しいキャットフードの選び方を解説します。

  1. タンパク質(アミノ酸)
  2. 脂肪(脂肪酸)
  3. 炭水化物
  4. ビタミン
  5. ミネラル

あなたが選んでいるフードに入っていますか?必須の栄養素!

-キャットフードの選び方

Copyright© キャットフードのABC , 2018 All Rights Reserved.