Aランク

優良フード・ナチュラルバランスの原料&評判をチェック!

投稿日:2017年8月11日 更新日:

ナチュラルバランスの原料&評判

アメリカ生まれのナチュラルバランスは、プレミアムフードという言葉を広く認知させた先駆者的存在です。

研究に研究を重ねて開発されただけあり、愛猫家からの評判も良いそうですが、一体どういったところが評価の対象になっているのでしょうか?

ナチュラルバランスが優秀とされる理由について、詳しく掘り下げていきたいと思います。

ナチュラルバランスの原料を評価

ナチュラルバランスの原料を評価

  • 多方面からアレルギーに配慮
  • サプリメントで効率的に栄養摂取
  • 4層バリアでフードを守る
  • ヒューマングレードが基準

使用している材料や成分分析値から、Aランクの根拠を紐解いてみます。

「インドアキャット」を代表例として見てみましょう。

チキンミール(乾燥肉)・玄米・オートミール・サーモンミール・オートファイバー・エンドウファイバー・自然風味・アルファルファミール・鶏脂肪(天然混合トコフェロールとクエン酸で酸化防止)・ドライエッグ・ポテト・ポテトプロテイン・サーモンオイル・亜麻二・ドライビールイースト・ニンジン・セロリ・ビーツ・パセリ・レタス・クレソン・ほうれん草・塩化ナトリウム・塩化カリウム・フラクトオリゴ糖・タウリン・ユッカ・クランベリー・レシチン・ビタミンE・ナイアシン・D-カルシウムパントテン酸塩・ビタミンB12・ビタミンA・ビタミンD3・ビオチン・リボフラビン・一硝酸チアミン(ビタミンB1)・ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・メナジオン・ナトリウム重亜硫酸塩(ビタミンK)・葉酸(ビタミンB)・塩化コリン・硫酸鉄・酸化亜鉛・酸化マンガン・硫酸銅・炭酸コバルト・エチレジアミンヨウ化二水酸塩・鉄アミノ酸・マンガンアミノ酸・亜鉛アミノ酸・銅アミノ酸・コバルトアミノ酸・L-カルニチン・天然混合トコフェロール・クエン酸・ケルプミール・パセリフレーク・リジン・ローズマリー

引用元:PROFIT公式サイト

粗蛋白質 30.0%以上/粗脂肪 14.0%以上/粗繊維質 8.0%以下/水分 10%以下/マグネシウム 0.141%/タウリン 0.12%/ナトリウム 0.6%/カルシウム 1.13%/リン 0.99%/オメガ3 0.4%/オメガ6 2.5%/尿中pH 6.2~6.4
カロリー 357kcal/100g 可消化エネルギー 90.0%

引用元:PROFIT公式サイト

合成添加物&グルテンフリーで脱アレルギー

酸化防止剤には、天然混合トコフェロール・クエン酸といった天然由来の成分を使用しており、化学合成された添加物は使われていません。

国産フードではあまり見られませんが、材料レベルで用いられる酸化防止剤についてもしっかり表示されています。

有害なBHT・BHA・エトキシキンなどの検査結果を公表していることも、より高い安心感に繋がっています。

グルテンフリーなので、アレルギー症状のある猫に与えやすいのもポイント。

オートミールの原料であるオーツ麦にはグルテンは含まれませんが、穀物でアレルギー反応がある場合は注意してください。

ナチュラルバランスにも穀物不使用のフードはあるので、そちらを選びましょう。

魚ではなく肉類ベースの理由

多くのフードはコストを下げるために魚を主原料にしていますが、魚は採り過ぎると塩分過多になる恐れがあります。

猫にとって最も重要な栄養素は動物性タンパク質。

効率よくエネルギーに変換できるだけでなく、筋肉や内臓、被毛など体をつくるためには必要不可欠です。

もちろん魚にも動物性タンパク質は含まれていますが、青魚やサケ以外の魚は肉よりも劣ります。

ナチュラルバランスには肉類ベースになっていないものもありますが、これは肥満やアレルギー対策を目的としているため。

肉食動物には肉が最適、というのが基本的な考え方なのです。

尿路疾患にはクランベリーが効果的

尿路疾患にはクランベリーが効果的

猫は体の構造上、どうしても尿路疾患に罹りやすい生き物です。

濃度の濃い尿はアルカリ性に傾きやすく、細菌が繁殖しやすくなります。

その予防に効果的なのが、キナ酸が豊富なクランベリー。

キナ酸とはファイトケミカルの一種で、pH値を正常に保つ働きがあります。

菌の増殖も抑制したり、老廃物の排出を促す作用があるため、泌尿器のトラブルに大変有効です。

療法食ではないので発症している場合には不向きですが、再発防止として利用するにはピッタリでしょう。

サプリメントで優れた栄養バランス

ナチュラルバランスは栄養学に基づいた研究開発が進んでいるため、栄養成分をサプリメントとして配合しています。

そういえばフード以外にサプリも取り扱っていますね。

タンパク質・ミネラル・ビタミン・脂肪・食物繊維の五大栄養素が含まれているので、体内で生成できない栄養も摂取できます。

原材料にはリボフラビンや塩化コリンといったカタカナ表記の成分名が多く見られますが、これが添加されているサプリです。

これらの成分をバランス良く組み合わせることで、お互いの効果を高め合い、健康をサポートします。

ナチュラルバランスの特徴

子猫からシニアまで幅広いラインナップ

ナチュラルバランスのドライフードは全部で6種類あります。

  • オールステージOKの「ホールボディヘルス」
  • 毛玉や排泄物の臭い軽減に配慮した「インドアキャット」
  • シニア猫やダイエット向けの「リデュースカロリー」
  • 最も低カロリーな肥満猫用「ファットキャッツ」
  • 穀物不使用のアレルギー対応食「グリーンピース&ダック」
  • こちらも同じく穀物不使用の「サーモン&チックピー」

年齢によるカテゴライズではありませんが、猫に多いトラブルは一通りカバーできるラインナップになっています。

低カロリー系のフード以外は全年齢に対応しているので、給餌量を変えるだけで子猫からシニア猫まで同じフードでまかなえるのも魅力のひとつ。

容量は300g・500g・2.2ポンド(1kg)・6.3ポンド(2.85kg)のサイズ展開ですが、種類によって大袋しかないものもあります。

パッケージにもこだわりアリ

独自に開発した4層フィルムのパッケージなので、光や酸素、湿気による劣化を防ぎます。

とくに内側にはリニアポリエステルを採用して強度を高め、長期保存にも耐えられる仕様になっています。

大きいサイズは小分けになっていませんが、ジップも付いているので開封後も安心です。

このちょっとした工夫が、毎日の使いやすさに直結するのです。

とはいえ化学保存料不使用なので、1~1.5か月で食べきるようにしましょう。

人も食べることができるオールナチュラル

ナチュラルバランスの材料は、人が食べられる食材であることを基準としています。

肉類はFSIS(米国肉類検査サービス)で管理された食肉用を使用。

それ以外の材料はすべてUSDA(米国農務省)の認定を受けており、遺伝子組み換え食品などは使われていません。

良質の材料でつくられているからこそ、可消化率90%以上が実現できるのでしょう。

また鮮度を保つため大量生産もしていません。

時期によって材料の収穫先が違うため、フードの色や香りが変わることもあるようですが、それは徹底した品質管理がされている証拠。

健康を第一に考えているナチュラルバランスならではの特徴なのです。

ナチュラルバランスの口コミ

ユーザーの評判や口コミはどうでしょうか?

いくつかの例を挙げてご紹介したいと思います。

毛艶も良くなり嬉しいです

6匹猫を飼っています。

年齢もバラバラでフードに困っていましたが、ナチュラルバランスは全年齢対応でとても助かってます。便がゆるかった子もいたのですが、こちらに変えてからはいい便になりました。

引用元:アマゾン公式

多頭飼いしていると年齢がバラバラなのは当たり前。

通常であれば何種類もフードを用意しなければなりませんが、ナチュラルバランスは年齢関係なく与えられるので、飼い主にとっては大きなメリットです。

便に関しては、ドライビールイースト・フラクトオリゴ糖が作用していると考えられます。

さらに数種類の繊維質も配合しているので、腸内環境にとって最適な食事内容と言えるでしょう。

まあまあ

原材料、添加物、保存料、価格を見ていろいろ検討して、食いつきがまあまあなので、しばらく購入しています。

チキンミール、という表記がちょっと気になります。詳しく書いてあるといいのですが。

引用元:楽天市場

マイナスイメージの強い「ミール」ですが、ナチュラルバランスは全てヒューマングレードの食材でつくられています。

ここで言うところのミールは「完全に乾燥させて粉末にしたもの」という意味で、副産物や4Dミートとは全く違うものですので心配しなくてもよさそうです。

要らぬ誤解をなくすためにも、その説明がパッケージにも記載されるようになれば良いですね。

気に入ったようです

これを食べる様になってから何だか動きが敏速です。こんな子だったっけ?みたいな感じ。

尿結石をやっているので朝は普通にカリカリで夜はコーンフレークに牛乳をかけるみたいにこのキャットフードに白湯をヒタヒタに入れて食べさせています。

先に出汁のでたスープを飲んでその後ふやけたキャットフードをモリモリ食べています。

水分をいっぱい摂ってくれるのでPHもGoodです。

引用元:楽天市場

普段の飲水量が少ない猫に、フードをふやかして与える方法は効果的です。

水分をしっかり摂ることで、結石だけでなく尿路疾患全般の予防に役立ちます。

再発を繰り返してしまう猫にはとくにオススメです。

塩分が…

一粒食べてみて、塩が効いてるなと思ってみたら、原材料の結構上の方に塩が書いてありました。

流石にローテーション入りならず。残念!

引用元:アマゾン公式

たしかに「塩化ナトリウム」が使われていると気になりますよね。

この件について輸入元に問い合わせたところ、健康維持のために必要最低限の量として加えているそうです。

多すぎても良くないですが、少なすぎても弊害があるということです。

ただし、塩分が規制されている場合は悪化させる恐れがあるため、与える前に必ず獣医師に相談してください。

まとめ

良質の材料が使われているからか、口コミの評価が良好だったのが印象的でした。

室内飼いの猫に与えやすい栄養設計になっているので、疾患さえなければ常用フードとしてかなり優秀と言えます。

スーパーなどで売られているフードよりは高価になりますが、長い目で見たときの利用価値は充分にあるでしょう。

安心できるフードをお探しの方は、一度小さいサイズから試してみてはいかがでしょうか。

人気の記事

おすすめのキャットフード

オススメのキャットフードランキング

当サイトで実際に試してみたキャットフードのおすすめランキングです。

フード選びに困ったらぜひ参考にしてみてくださいね。

キャットフードの一覧

キャットフードの全一覧ランキング

日本国内で購入が出来るキャットフードを一覧にしてS・A・B・Cにワンク分けしました。

※随時更新中

【獣医の卵が教える】キャットフードの選び方

キャットフードの選び方

獣医の卵が正しいキャットフードの選び方を解説します。

  1. タンパク質(アミノ酸)
  2. 脂肪(脂肪酸)
  3. 炭水化物
  4. ビタミン
  5. ミネラル

あなたが選んでいるフードに入っていますか?必須の栄養素!

-Aランク

Copyright© キャットフードのABC , 2018 All Rights Reserved.