Cランク

猫の「銀のスプーン」原材料を辛口評価【口コミ・評判】

投稿日:

銀のスプーン

スーパーや量販店で販売される「銀のスプーン」。

値段は比較的安価で、国内企業が生産しているキャットフードです。

「安全性」「口コミ」や「評判」そして、原料成分の評価をします。

銀のスプーン「原材料」の評価

銀のスプーン「原材料」の評価

穀類、肉の品質、着色料に疑問があります。

残念ながら、銀のスプーンの原料評価はCランクです。

では、リニューアルされた「銀のスプーン® 贅沢うまみ仕立て お魚づくし」で解説していきます。

穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉)、肉類(チキンミール、ポークミール、ビーフミール、チキンエキス)、油脂類、魚介類(フィッシュミール、フィッシュエキス、煮干パウダー、鰹節、マグロミール、カツオミール、白身魚ミール、乾燥シラス)、ビール酵母、酵母エキス、ミネラル類(カルシウム、塩素、コバルト、銅、鉄、ヨウ素、カリウム、マンガン、リン、亜鉛)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、着色料(二酸化チタン、赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号)、調味料、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)

引用元:銀のスプーン® 贅沢うまみ仕立て お魚づくし 600g【ユニ・チャーム ペット】

穀類が多い

一番最初に穀類が表示されています。

肉類や魚介類のつなぎやかさ増しとして使用されることが多いですが、猫は穀物類を消化しづらい体の構造になっています。

また小麦などは猫のアレルギーの原因にもなるので、安産性が高いとは言えません。

そのため穀物類はできるだけ避ける方が良いと言えます。

ミール肉の使用

次に肉類です。

チキンミールやポークミール、ビーフミールが使用されています。

ミールと表記されるものは、クズ肉や内臓、人間の食用として使用できない部分やごちゃ混ぜにした肉塊を使用している場合があります。

ですので、できればきちんと肉の部位が表示されている商品の方が安心できます。

着色料も使われている

また気になるのは、着色料が含まれていることです。

猫は色で美味しい・不味いを識別することはありません。

飼い主さんが美味しく見えるものを好んで購入するので、多くのキャットフードには着色料が含まれているのです。

着色料の中には、発ガン性やアレルギーの原因となるものもあるので含まれていない方が良い材料です。

気をつけたいキャットフードの原材料4種類

口コミ・評判

このフードは香りがよく、粒も細かくて風邪ひきさん等体調が悪い猫専用に与えています。

ただし香りが強いので、このフードを与え続けますと、無添加フードを食べなくなりますので期間限定や弱って鼻が利かなくなっている猫にだけ与えています。

お試しで購入しましたが、値段も安いし食いつきがよかったです。
うちの子は食べなかったです。
管理人
食いつきに関する口コミ・評判は良いようです。

猫によって好みが分かれるようですが、多くの猫ちゃんは食いつきが良かったようです。

「お魚づくし」の名前の通り、魚介類はかなりの種類を配合しています(フィッシュミール、フィッシュエキス、鰹節、煮干パウダー、マグロミール、カツオミール、白身魚ミール、乾燥シラス)。

魚の場合も『ミール』と表記されているものは、皮も骨も内臓も全てごちゃ混ぜにミンチにしたもののことです。

魚の骨や内臓は人間でも食べることはありますし、その分香料を入れなくても「魚の匂い」を強く感じることができるのではないかと考えられます。

食べなかったという猫ちゃんは、魚を食べたことがなかったり魚の匂いが苦手な子ではないかなと思います。

キャットフードの選び方【獣医の卵が教える】

銀のスプーンの特徴

管理人
銀のスプーンは、オムツや生理用品、紙製品の生活用品などを販売している『ユニチャーム ペットケア』が生産販売しています。

スーパーやホームセンター、コンビニなどあらゆる所で販売されています。

CMも流れているので国内の猫飼い主さんからの知名度はかなり高いでしょう。

ユニチャームペットケアのキャットフードは日本国内で製造販売されています。

腎臓健康維持用フード

管理人
腎臓健康維持用は年齢別にどう違うのでしょうか?

銀のスプーンでは「腎臓健康維持用」として何種類かの商品を販売しています。

7歳頃から、10歳頃から、13歳頃から、15歳頃から、20歳以上と幅広い年齢層へ向けた腎臓ケアのフードがあります。

年齢別に何が違うのか?見ていきましょう。

リン含有量

腎臓ケアの製品でも年齢別になっている一つ目の理由は、リン含有量です。

年齢 リンの制限
7歳頃から 銀のスプーン全成長段階用比約80%
10歳頃から 銀のスプーン全成長段階用比約80%
13歳頃から 銀のスプーン10歳比約95%
15歳頃から 銀のスプーン13歳比約90%
20歳以上 銀のスプーン15歳比約90%

段々年齢に応じてリンの含有量を少なく制限していってくれています。

腎臓病になってしまうと、体内のリンを尿として排泄できずにどんどん体内にたまってしまいます。

リンが溜まってしまうと腎臓病を悪化させると言われていますので、リンを制限した食事が必要になります。

ビタミンE・ビタミンB含有量

年齢 ビタミン
7歳頃から ビタミンE・B1,B2強化
銀のスプーン全成長段階用比約200%
10歳頃から ビタミンE・B群強化
銀のスプーン全成長段階用比約200%
13歳頃から ビタミンE・B群強化
銀のスプーン10歳比約110%
15歳頃から ビタミンE・B群強化
銀のスプーン13歳比約110%
20歳以上 ビタミンE・B群強化
銀のスプーン15歳比約105%

抗酸化作用のあるビタミンEと、食べ物から得た栄養をエネルギーに変えるビタミンB群が年齢によって段々多く配合されるようになっています。

ビタミンEは抗酸化作用によって老化を遅らせますし、ビタミンB群は脳神経や手足などに分布する末梢神経の伝達をスムーズにさせる作用もあります。

腸内環境改善・保持成分

7歳頃から 適切な繊維質を配合
10歳頃から 適切な繊維質配合
13歳頃から 適切な繊維質配合
15歳頃から オリゴ糖配合
20歳以上 オリゴ糖配合

繊維質の配合は、13歳頃までのフードでは表記がありました。

高齢になると便秘になりやすくなるので、多すぎる繊維質は便秘の原因になってしまいます。

そのため、高齢猫には少しでも腸内環境を良くするためにオリゴ糖が配合され、まだ若い猫には繊維質を配合しているのだと思います。

年齢別で配合されるものが変わるのは安心です。

カロリー

7歳頃からのフードは100gあたり390kcalとなっていますが、10歳頃から以上のフードは100gあたり400kcalと少しカロリーが高くなっています。

まだ若いうちはカロリー制限をして太るのを予防し、高齢になり食欲が落ちてくることが多いので少ない量でもきちんとカロリーを摂取できるように考えられています。

まとめ

  • ユニチャームが国内で製造・販売している
  • 原材料を見てみると、少し不審な点が多い
  • 腎臓ケアが「齢別に細かく配合が変えられている」点は評価できる

日本の企業が日本で製造販売ということですが、原材料に不安な点が多く、おすすめできるキャットフードではありません。

おすすめキャットフードのランキング

人気の記事

プレミアムフード「モグニャン」が50%オフ!モグニャンの実食動画レビュー

モグニャン半額

プレミアムフード「モグニャン」を購入レビュー。

今なら期間限定の半額キャンペーンをやっています。

ネットの評判が高いモグニャンを評価(動画あり)しています。

おすすめのキャットフードのランキング

オススメのキャットフードランキング

当サイトで実際に試してみたキャットフードのおすすめランキングです。

フード選びに困ったらぜひ参考にしてみてくださいね。

キャットフードの一覧

キャットフードの全一覧ランキング

日本国内で購入が出来るキャットフードを一覧にしてS・A・B・Cにランク分けしました。

※随時更新中

-Cランク

Copyright© キャットフードのABC , 2018 All Rights Reserved.